ことし最後のIPO、JMNC株の初値1750円、公開比2倍

日本メディカルネットコミュニケ ーションズ(JMNC)が21日、東証マザーズ市場に新規株式公開(I PO)した。買い気配値を切り上げた後、午後2時すぎにようやく付 いた初値は、公開価格840円の2.1倍となる1750円だった。終値は 1849円。直近の新興市場が回復傾向にある中、資金調達額が小粒であ るため、需給面から買いが優勢となりやすかった。主幹事は大和証券 キャピタル・マーケッツが務めた。

証券ジャパンの大谷正之調査情報部長は、「ニッチなIT関連銘柄 として前人気は高かったようだ。ことし最後のIPOであり、年明け の次のIPOまで約1カ月半あるため、需給的にも環境は良い」との 見方を示した。ことしは日本株市場に22社が新規株式公開し、この日 のJMNCが最後となる。

JMNCは、歯科や美容・エステ分野に特化したポータルサイト を運営している。公開価格は仮条件740-840円の上限で決まり、事前 人気は良好だった。公開株式数は138万株。公開価格から試算した資 金吸収額は11億5920万円。ブルームバーグ・データによると、こと し新興市場に上場した16社の平均は19億9890万円で、これを下回る。

東証マザーズ指数は11月以降、右肩上がりとなり、11月1日か ら前日までの上昇率は23%。個人投資家の回転売買が効き始めており、 そうした短期資金がIPO銘柄に向かいやすくなっている。

JMNCの2011年5月期の業績予想は、営業利益が前期比38% 増の3億5900万円、1株利益予想は47円35銭。公開価格の今期予想 株価収益率(PER)は18倍だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE