シュタルクECB理事:世界的危機に「特別な警戒」を-ベルゼン紙

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は、低金利の長期化は「好ましくない副作用」をもたらす 恐れがあると指摘し、世界的な危機に対処するため「特別な警戒」を 促した。ドイツ紙ベルゼン・ツァイトゥングが報じた。

シュタルク理事は、インタビューで「今後数カ月、数四半期に必 要なのは特別な警戒だ。われわれにとっても、そして世界中で責任を 負う各国・地域にとってもそうだ」と指摘した。21日付の同紙に記事 が掲載される。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Ben Livesey at +1-415-617-7178 or blivesey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE