スペインの借り入れコスト上昇-3カ月物と6カ月物入札で(Update1)

スペイン政府は21日に入札を実 施し、3カ月物と6カ月物の証券、計38億8000万ユーロ(約4270 億円)相当を発行した。借り入れコストは上昇したが、目標額の上限 近くを調達した。

スペイン銀行(中央銀行)によると、3カ月物30億ユーロの平均 落札利回りは1.804%と、前回11月23日発行の1.743%を上回った。 6カ月物8億7670万ユーロの利回りは2.597%と先月の2.111%から 上昇。目標最大額は40億ユーロだった。

スペインは救済の必要なしと投資家を納得させようとしているが、 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは15日に同国 の信用格付け「Aa1」を引き下げ方向で見直すと発表した。

3カ月物の応札倍率は2.14倍(前回は2.34倍)。6カ月物は5.15 倍(同2.65倍)だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE