アイルランドの3金融機関、公的資金注入をEUが暫定承認

アイルランドのアングロ・ア イリッシュ銀行とアイリッシュ・ネーションワイド・ビルディン グ・ソサエティー(INBS)、アライド・アイリッシュ銀行の3 行は21日、公的支援に関して欧州連合(EU)から暫定的な承認 を得た。

EUの規制当局はアングロ・アイリッシュ銀への49億ユーロ (約5400億円)の資本注入と簿外取引に対する政府保証、および INBSへの27億ユーロの注入を暫定承認した。当局が電子メー ルで声明を配布した。アライド・アイリッシュ銀に対する2回にわ たる計98億ユーロの資本注入も承認された。

EUと国際通貨基金(IMF)からの850億ユーロ規模の救 済が承認されたことを受け、アイルランド政府は国内銀行の自己資 本比率を引き上げるため公的資金を注入している。

EUの行政執行機関、欧州委員会のアルムニア委員(競争政策 担当)は声明で、「アイルランドの銀行セクターは現在、深刻な困 難に陥っている」と指摘し、「欧州委がこの日アングロ・アイリッ シュ銀とINBS、アライド・アイリッシュ銀について承認した措 置は、これら銀行がそれぞれの債務を確実に履行するために必要で あるとともに、アイルランドの金融安定を維持するのに役立つだろ う」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE