野村、リーマン出身のナス氏をアジアのM&A責任者に指名-WSJ

【記者:Hwee Ann Tan】

12月21日(ブルームバーグ):野村ホールディングスは、日本と オーストラリアを除くアジア地域での企業の合併・買収(M&A)責 任者にニキル・ナス氏を起用した。米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ)が同社からの情報として伝えた。

同紙によると、ムンバイ在勤のナス氏は香港へ異動となる。ムン バイでは工業部門を重点的に手掛ける投資銀行部門の顧客担当シニア オフィサー兼マネジングディレクターだった。以前はリーマン・ブラ ザーズ・ホールディングスのインドでのM&A責任者だった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Hwee Ann Tan at +852-2977-6644 or hatan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE