12月20日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎NY外為:ユーロは下落、アイルランド銀行格下げで懸念高まる

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。国有化されたアイ ルランドの銀行2行の優先債格付けが引き下げられたことで、欧州の 一部の国が資金調達難に見舞われるとの観測が強まった。

ユーロは主要16通貨中、15通貨に対して下落。ドルと円に対 しては2週間ぶり安値を付けた。クレジット・デフォルト・スワッ プ(CDS)市場では、フランス国債を保証するコストが過去最高 に上昇。最上級のトリプルA格付けを失う恐れがあることが示唆さ れた。スイス・フランは逃避需要から、ユーロ発足以来の高値に上 昇した。

シュナイダー・フォーリン・エクスチェンジの市場分析責任者 スティーブン・ガロ氏(ロンドン在勤)は、「ユーロ圏のソブリン 債をめぐる懸念で、状況はユーロにとって厳しいものになり始めて いる」と指摘。ユーロの下落は、「年明けの市場で起こり得ること の前触れである可能性が高い」と分析した。

ニューヨーク時間午後4時12分現在、ユーロは対ドルで前週末 比0.5%安の1ユーロ=1.3119ドルと、2日以来の安値(前週末 は1.3188ドル)。対円では0.8%下げて109円86銭(同110 円77銭)。一時109円58銭と、7日以来の安値を付けた。ドル は円に対し0.3%安の1ドル=83円74銭(同83円98銭)。

フランス国債の保証コスト

CMAによると、フランス国債のCDSスプレッドは20日、

105.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、過去最高 を付けた。年初からは3倍に上昇している。

格付け会社ムーディーズの資本市場調査グループによれば、フ ランス国債のCDSスプレッドは「Baa1」の格付けを示唆して いる。これは、現在実際に付与されている最高格付け「Aaa」を 7段階下回る水準。

インタラクティブ・ブローカーズ・グループのシニア市場アナ リスト、アンドルー・ウィルキンソン氏は、「ユーロは確実に取り 残されつつある」と指摘した。

ムーディーズは、アイルランド政府によって国有化されたアン グロ・アイリッシュ銀行とアイリッシュ・ネーションワイド・ビル ディング・ソサエティーの優先債の格付けをジャンク級(投機的格 付け)に引き下げた。同社は17日に、アイルランドの信用格付けを 5段階引き下げ、「Baa1」としている。

フラン

スイス・フランは対ユーロで一時1.2%高の1ユーロ=

1.2636フランを付けた。対ドルでは0.2%上げて1ドル=

0.9653フラン。

スイス国立銀行(SNB、中央銀行)は先週、フランの上昇抑 制を狙い、政策金利である3カ月物ロンドン銀行間取引金利(LI BOR)の誘導目標を0.25%に据え置いた。対ユーロでのフラン 高は、輸出主導型のスイス景気に打撃となる恐れがある。

三菱東京UFJ銀行の欧州為替ストラテジー責任者、デレク・ ハルペニー氏(ロンドン在勤)は、ブルームバーグラジオのインタ ビューで、「アイルランドが新たな緊張を生み出したことから、フ ランは域内で最も安全な通貨とみなされた」と分析。「欧州では財 政赤字をめぐる懸念が広がっているが、スイスには関係のないこと だ」と指摘した。

◎米国株:買い優勢、相次ぐアナリスト推奨で-エネルギー株が高い

米株式市場では買いが優勢。S&P500種株価指数は2年ぶり 高値となった。インターネット通販のアマゾン・ドット・コムや地銀 のハンティントン・バンクシェアーズなどに株価目標や投資判断の引 き上げが相次いだことを好感した。エネルギー株の上昇も相場の支え になった。

アマゾンが高い。バークレイズは同社の株価目標を引き上げた。 バンク・オブ・アメリカ(BOA)が買いを勧めたハンティントンも 値上がり。原油価格が回復するなか、コノコフィリップスやシュルン ベルジェを中心にエネルギー株が上昇。エネルギー株指数はS&P 500種の業種別指数で値上がり率トップとなった。

S&P500種株価指数は前週末比0.3%高の1247.08。同株 価指数はリーマン・ブラザーズが破たんする前の営業日である2008 年9月12日の終値1251.70に接近した。ダウ工業株30種平均 は13.78ドル(0.1%)下落の11478.13ドル。クレジットカー ド会社アメリカン・エキスプレス(アメックス)の下げが響いた。米 国の証券取引所の騰落比率は11対10。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズのマデリン・マトロ ック氏は、「地合いは非常に強いとまではいかないが、少なくとも緩 やかに改善している」と指摘。「業績見通しは好調で、株式投資判断 の引き上げもみられる。今後2四半期は堅調となるだろう」と述べた。

2年ぶり高値

米株式相場は先週まで週間では3週連続で上昇。S&P500種 株価指数は2年ぶり高値となった。小売売上高や製造業、住宅関連統 計が予想を上回ったことから景気回復に対する信頼感が高まった。同 株価指数は年初来では12%上げている。

S&P500種はこの日の取引時間中に08年9月中旬以降で初 めて1250を突破した。また1245を超えるのは4度目で、過去3回 ともすべて今月に入って達成されている。テクニカルアナリストらは 15日、米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破たん前の水 準を超えるには時間がかかる可能性があるとの見方を示していた。

シェーファーズ・インベストメント・リサーチのテクニカルアナ リスト、ライアン・デトリック氏は電話インタビューで、「それは明 らかに重要な水準だ。それは状況が崩壊していると市場が認識した水 準だ」と指摘。「その水準に戻った今となっては、市場が一息入れる のも理に適っている」と述べた。

米GDP予想

米セントルイス連銀のブラード総裁は米国内総生産(GDP)に ついて、「2011年は人々が考えているよりも力強くなるだろう」 との見方を示した。同総裁は米経済専門局CNBCとのインタビュー で、米国の失業減少は「ゆっくりとしたプロセス」だろうとも述べ、 「走り出せるようになる前に歩く必要がある」と語った。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、今週発表 される第3四半期(7-9月)の米GDP成長率は2.8%と、改定 値の2.5%から上方修正される見通しだ。

ウェルズ・キャピタル・マネジメントのチーフ投資ストラテジス ト、ジェームズ・ポールセン氏は、「市場には前向きな勢いがある」 と指摘。「朝起きて欧州からの悲観的なニュースがなければ、市場に は買いが入る。米国の企業決算は力強く、経済もポジティブサプライ ズとなるだろう」と述べた。

米国の証券取引所の出来高はこの日、約63億7000万株と、 年初来平均の86億5000万株を下回った。

アマゾンやハンティントンが高い

アマゾンは3.2%高の183.29ドル。バークレイズは同社の株 価目標を195ドルに引き上げた。従来は180ドルとしていた。イ ンターネットを通じたホリデーショッピングが力強い上、アマゾンが オンラインおよびオンライン以外の競合他社から市場シェアを獲得し 続けていることを理由に挙げた。

ハンティントンは4.7%高。BOAは同社の投資判断を「ニュ ートラル」から「買い」に引き上げた。

エネルギー株指数は0.7%高と、S&P500種の業種別指数で 値上がり率トップ。米経済成長が来年は加速し、米国の原油需要が拡 大するとの観測から、原油相場が上昇したことが追い風。コノコフィ リップスは1.4%、シュルンベルジェは1%それぞれ値上がり。

◎米国債:上げを消す、FRBの国債購入後に-米株高も売り材料

米国債相場は上昇分を削る展開。連邦準備制度理事会(FRB) の国債購入を材料に買いが先行したが、買い入れ終了後は売りに押さ れた。この日の購入額は146億ドルと、1日当たりの額としては量 的緩和第2弾が始まって以来で最大。株式相場の上昇も国債の売り材 料となった。

FRBは償還期限2018-2020年と2014-2016年の国債 を購入した。

RBCキャピタル・マーケッツの米国債トレーディング責任者、 トーマス・トゥッチ氏は、「上昇局面でさらに買いを入れるのはFR Bを除いていないだろう。相場はその後、自然に下げた」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後4時7分現在、10年債利回りは前営業日比1ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)未満上昇の3.34%。同年債(表面利 率2.625%、2020年11月償還)価格はほぼ変わらずの94 2/32。利回りは一時3.25%と、12月10日以来の低水準をつけ る場面もあった。

この日のS&P500種株価指数が0.3%上昇。一時は0.2% 安まで売り込まれる場面もあった。

FRBの国債購入

MFCグローバル・インベストメントのジェフ・ギブン氏は、 「投資家はFRBに国債を売却して得た資金を必ずしも国債市場に再 投資しているわけではない」と指摘、「よりリスクの高い資産を購入 している」と述べた。

FRBがこの日購入したのは、償還期限2018年2月-2020 年8月の国債77億9000万ドルと、2014年12月―2016年5 月の67億7900万ドル。

FRBは今年3月までの量的緩和第1弾で、資産購入プログラ ムを通じて計1兆7000億ドルを購入した。FRBは21日、最大 110億ドル、22日には25億ドル相当の国債を購入する予定だ。

FRBは、量的緩和におけるバランスシート拡大計画の一環と して、購入する国債の限度額について同一証券当たりで全体の70% に設定すると発表した。

FRBは6000億ドルの国債を来年6月にかけて追加購入する 方針を示した11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、最 大35%としていたそれまでの上限を一時的に緩和した。

緩和局面の終了示唆

今月に入り、米国債は下落傾向が続いている。償還期限の長い 国債利回り格差を基に、市場ではFRBの緩和局面は続かないとの見 方がある。

11月10日に過去最高の1.60ポイントに達していた10年 物と30年物の利回り格差は、15日には1.05ポイントまで縮小。 ブルームバーグのデータによると、この縮小は1980年代以来の速 いペースだ。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのデータによると、償 還期限10年かそれ以上の国債の投資リターンは、今月4.64%のマ イナス。年初来では8.37%のプラスに縮小した。

イールドカーブ(利回り曲線)のフラットニング(平坦)化は、 景気刺激を目的とする利下げの打ち止めを示唆することが多い。今月 発表された米経済指標では小売売上高と消費者信頼感指数で伸びが示 された。

シティグループの経済・市場分析担当マネジングディレクター、 スティーブン・ウィーティング氏は、「10年債と30年債の利回り 格差がピークに達したことは、緩和局面終了のシグナルだ」と指摘し た。

◎NY金:続伸、欧州の債務危機で逃避需要-終値1386.10ドル

ニューヨーク金先物相場は続伸。欧州の債務危機が深刻化し、安 全な逃避先としての需要が膨らんだ。

ユーロはドルに対して一時0.7%下落。アイルランドの格下げ を受け、フランス国債の保証コストは過去最高を記録した。金は7日 に1オンス=1432.50ドルと最高値を更新し、年間ではこのまま いけば10年連続での上昇となる。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レ シュ氏(シカゴ在勤)は、「為替相場の動きは荒く、欧州の債務問題 はくすぶっている。そのため、金は依然として有望な資産だ」と指摘 した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前日比6.90ドル(0.5%)高の1オンス=1386.10ド ルで終了した。年初からは26%高。

◎NY原油:続伸、米経済成長加速への期待で-88.81ドル

ニューヨーク原油先物相場は続伸。世界最大の石油消費国である 米国で、来年の経済成長ペースが加速するとの見方から、需要拡大へ の期待が高まった。

22日の米国内総生産(GDP)統計の発表を控え、経済成長率 が上方修正されるとの観測が広がった。

PFGベストの調査部門バイスプレジデント、フィル・フリン氏 (シカゴ在勤)は「米経済に対する楽観が原油価格にじわじわと反 映されつつあるようだ」と指摘。「経済データはここのところ好調で、 景気全般がやや上向きつつある兆しがみられる」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は前営 業日比79セント(0.90%)高の1バレル=88.81ドルで終了し た。1月限はこの日が最終取引。中心限月の2月限は同89.37ドル で引けた。

◎欧州株:上昇、リーマン破たん前の水準回復-独VW高い

欧州株式相場は上昇し、2008年のリーマン・ブラザーズ・ホ ールディングス破たん前の水準に回復した。域内の景気回復に十分な 力強さがあり、ソブリン債危機を克服できるとの観測が広がった。

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は上昇。 同社の来年の中国販売台数が最大15%増加するとの見通しを示した ことが買いを誘った。スペインの高速道路運営会社アベルティスも高 い。英紙サンデー・タイムズが、投資会社CVCキャピタル・パート ナーズから買収案の提示を受ける可能性があると報じたことが手掛か り。一方、雪で年末商戦の客足が鈍ったことから、小売り企業は売ら れた。

ストックス欧州600指数は前週末比0.7%高の278.38と、 リーマンが破たんする前営業日である08年9月12日以来の高値で 引けた。同指数は月初来では6.3%上昇。先週発表された米失業保 険申請件数が予想に反して減少したほか、住宅着工件数の増加、ニュ ーヨーク地区の製造業活動が予想以上に拡大したことが背景にある。

ランデスバンク・バーデン・ビュルテンベルクの戦略部門責任 者、マイケル・コーラー氏は、「市場には大量の流動性がまだあるた め、2011年は極めて好調な滑り出しとなるかもしれない」と述べ、 「特に米国からの最新の経済データは全般に極めて良好で、景気が2 番底に陥らないのは確実だ。ただ、ソブリン債危機はまだ解決されて いない」と続けた。

08年のリーマン破たんをきっかけに世界は大恐慌以降で最悪の 金融危機に陥り、ストックス欧州600指数は2009年3月までに 44%下落。銀行の損失と評価損は世界全体で1兆8000億ドルを超 えた。

20日の西欧市場では、18カ国中14カ国で主要株価指数が上 昇。VWの優先株は3.7%上昇、アベルティスは1.3%上げた。

◎欧州債:ドイツ債上昇-周辺国の信用懸念と朝鮮半島緊張で

欧州債市場ではドイツ国債相場が上昇した。ユーロ圏加盟国の信 用の質に対する根強い懸念に加え、朝鮮半島の軍事的緊張の高まりで、 域内で最も安全とされるドイツ国債に対する需要が高まった。

ドイツ10年債利回りは2営業日連続で3%を割り込み、ポルト ガルとアイルランド国債とのスプレッド(利回り格差)が拡大した。 欧州中央銀行(ECB)は、アイルランド政府が同国の銀行システム 改善に向け導入を目指す法律が、ユーロ圏に流動性を供給するECB の能力を脅かす恐れがあるとして、「深刻に懸念している」ことを明 らかにした。韓国は、射撃訓練を問題なく完了したと発表。北朝鮮は 射撃訓練に対する報復を示唆していた。

DZ銀行の債券ストラテジスト、グレン・マルシ氏(フランク フルト在勤は、「国債は安全を求める動きに左右された。アジアでの 動向や、欧州の債務危機をめぐる懸念が長引いていることが要因だ」 と語った。また、「ドイツ国債はここ数週間下げていたことから、一 部の投資家には同利回りが魅力的な水準となった」と付け加えた。

ロンドン時間午後3時54分現在、ドイツ10年債利回りは前週 末比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.96%。 同国債(表面利率2.5%、2021年1月償還)価格は0.61ポイン ト上げ96.095。

一方、アイルランド10年債相場は下げ、同利回りは24bp上 昇の8.84%。独10年債に対するスプレッドは21bp拡大し562 bpとなった。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、ドイツ国債の年初来のリターン(投資収益 率)はプラス5.5%。これに対し英国債は5.9%、米国債は5.7% となっている。

◎英国債:上昇、10年債利回り1週間ぶり低水準-朝鮮半島情勢で

英国債相場が上昇。10年債利回りは1週間ぶり低水準にとどま った。韓国の射撃訓練に北朝鮮が対抗措置を取るとの懸念から、安全 資産とされる国債需要が高まった。

10年債利回りは前週末比8ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の3.48%。16日には5月20日以来の高水準とな る3.65%まで上昇した。同国債(表面利率4.75%、2020年3月 償還)価格は0.64ポイント上げ109.94。2年債利回りは

1.17%と、前週末から3bp低下した。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率) はプラス5.9%。これに対しドイツ国債は5.5%、米国債は5.7% となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae, Shigeru Chiba ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE