NY原油(20日):続伸、米経済成長加速への期待で-88.81ドル

ニューヨーク原油先物相場は 続伸。世界最大の石油消費国である米国で、来年の経済成長ペースが 加速するとの見方から、需要拡大への期待が高まった。

22日の米国内総生産(GDP)統計の発表を控え、経済成長率 が上方修正されるとの観測が広がった。

PFGベストの調査部門バイスプレジデント、フィル・フリン氏 (シカゴ在勤)は「米経済に対する楽観が原油価格にじわじわと反 映されつつあるようだ」と指摘。「経済データはここのところ好調で、 景気全般がやや上向きつつある兆しがみられる」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は前営 業日比79セント(0.90%)高の1バレル=88.81ドルで終了した。 1月限はこの日が最終取引。中心限月の2月限は同89.37ドルで引 けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE