ユーロ圏消費者信頼感指数:12月はマイナス11-予想外の悪化

12月のユーロ圏消費者信頼感 指数は事前予想に反して悪化した。域内の景気回復が鈍化したほか、 当局が債務危機緩和に向けた対応の強化を迫られたことが響いた。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会が20日発表し た12月のユーロ圏の消費者信頼感指数速報値はマイナス11と、前 月のマイナス9.4から低下した。ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト22人の予想中央値はマイナス9だった。

消費者信頼感指数を含む12月のユーロ圏景況感指数は1月6 日に公表される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE