iTraxx日本指数は小幅上昇、消費者金融は横ばい-CDS取引

20日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場では、日本の投資適格級発行体で構成するマ ークイットiTraxx日本指数が小幅上昇した。ただ、取引は少な く、相場は総じて横ばいだった。

複数のトレーダーによると、マークイットiTraxx日本指数は

102.5ベーシスポイント(1bp = 0.01%)で取引が成立。マークイットの 17日の終値と比較すると、0.7bp上昇した。

CMAの東京時間午後4時30分の気配値は、プロミスが939bp、 アコムは655bpで前週末と変わらず。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE