香港株(終了):ハンセン指数、2カ月半ぶり安値-不動産など安い

香港株式相場は反落。ハンセン指 数が約2カ月半ぶりの安値となった。欧州債務危機が広がるとの懸念 が強まったことに加え、香港の不動産販売減少の報道を受けて不動産 株が値下がりしたことが響いた。

欧州最大の銀行、HSBCホールディングス(5 HK)は1.1%安。 英スタンダードチャータード銀行(2888 HK)は1.7%安。香港の資 産家、鄭裕タン氏率いるニューワールド・デベロップメント(新世界 発展、17 HK)は2.2%安。時価総額で香港3位の不動産開発会社、 恒隆地産(ハンルン・プロパティーズ、101 HK)も1.5%値下がりし た。

また、受注減を明らかにした中国のスポーツウエアメーカー、李 寧(2331 HK)は16%安。

ハンセン指数は前週末比75.77ポイント(0.3%)安の22639.08。 終値ベースで10月4日以来の安値で引けた。韓国が実施した射撃訓 練に北朝鮮が対抗措置を取るとの懸念も相場の重しとなった。ハンセ ン中国企業株(H株)指数は同0.5%安の12408.49。

RBCインベストメント(アジア)のアジア株運用責任者、武田 洋二氏(香港在勤)は、欧州の債務問題が引き続きリスク選好に影 響していると指摘。さらに朝鮮半島での緊張の高まりも、戦闘状態に 発展する可能性は低いものの若干の懸念材料だとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE