JPモルガン、ロンドンの元リーマンビルを投資銀欧州本部に

米銀JPモルガン・チェースは、 破たんした米証券会社リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが使 用していたロンドンのカナリーワーフのオフィスビルを4億9500万 ポンド(約650億円)で買い取った。投資銀行の欧州本部とする。同 ビルはリーマンへの30年間の賃貸契約に基づいて2003年に建設され た。

売り手のカナリー・ワーフ・グループが20日発表した資料によ ると、JPモルガンは床面積100万平方フィート(約9万3000平方 メートル)のビルを取得するとともに、近隣の用地の開発契約も延長 した。JPモルガンの発表によれば、同行はロンドンの金融街シティ ーのビクトリアエンバンクメントで1991年以来賃貸していたオフィ スも買い取る。

投資銀行部門のジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は 発表資料で、「最新設備を備えた1つのビルに投資銀行部門をまとめ ることで、業務能力の向上が可能になる」と説明した。

ロンドンで従業員約1万1000人を擁するJPモルガンは、2012 年にシティーからカナリーワーフに移る予定。シティーでは複数の拠 点に分散している。

本部にする予定だったリバーサイドサウスの開発もカナリー・ワ ーフ・グループとともに続けるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE