南アのサソル:加タリスマンのシェールガス資産取得へ(Update1)

石炭を原料とする自動車燃料生産 で世界最大手の南アフリカ共和国のサソルは、カナダの石油・ガス開 発会社タリスマン・エナジーのシェールガス資産の一部権益を10億 5000万カナダ・ドル(約870億円)で取得する。

サソルが20日発表した資料によれば、ヨハネスブルクに本社を置 く同社はブリティシュコロンビア州北東部のファーレルクリーク事業 の権益50%を得る。51.6エーカー(約20万8800平方メートル)の採 掘地には、シェールガス9兆6000億立方フィートがあると推定されて いる。

サソルにとって同事業は品質、規模共に「極めて魅力的資産」と いう。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE