首相:小沢民主元代表に政倫審への出席要請、小沢氏は拒否

菅直人首相(民主党代表)は20 日、首相官邸で同党の小沢一郎元代表と会談し、政治とカネの問題に ついて弁明するための衆院政治倫理審査会への出席を要請したが、小 沢氏はたとえ政倫審の議決で求められても、これを拒否する考えを示 した。首相が会談終了後に記者団に明らかにした。これを受け、民主 党は午後に役員会を開き、今後の対応を協議するという。

首相は小沢氏との会談内容について「政倫審に自ら出るようにと 要請をしたが、小沢元代表は出る必要はない、出ない、と言われた」 と紹介。さらに、「手続きを取れば出るということなのかと重ねて聞 いたが、小沢さんは出る必要性がないんだということで議決があって も出ないという姿勢を示された」と指摘した。これに対し、首相は小 沢氏に「それでは党として、そうした方向に対して物事を決めなけれ ばならなくなる」と伝えた。

首相は、記者団から離党勧告などの処分に踏み込む可能性もある のかと聞かれたが、「きょうの会談そのものでそういった話題は一切、 出していないし出なかった」と述べるにとどめた。

首相によると、会談では、国会運営の混乱や最近の各種選挙で民 主党が敗退を続けている原因についても協議。小沢氏から「政治とカ ネの問題も影響はあるかもしれないが、それ以外の影響の方が大きい のではないか」との指摘があったという。これに対し、首相は「小沢 さんの政治とカネの問題も国会運営や選挙にマイナスの影響がどの程 度の幅かは別としてある。まずはそうした問題を取り除くためにも全 党的な立場から協力をしてほしい」と反論した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE