UAEアブダビのアルジャベル、債務の条件変更求め債権者と協議

アラブ首長国連邦(UAE)のア ブダビに本社を置くアルジャベル・グループが、債務の条件変更を求 めて債権者と協議を進めている。

建設事業で160億ディルハム(約3700億円)規模のプロジェクト を抱える同社は19日に配布した電子メールで、金融危機に伴い「域内 での追加作業を確実にし、事業拡大を維持するのに必要な資金調達が 難しいことが判明した」と説明した。

NBKキャピタル(ドバイ)のアナリスト、マラ・パンコリア 氏は同日の電話インタビューで、「建設各社にとって借り入れは現状簡 単なことではないが、プロジェクトを完成させるには資金が必要だ」 と指摘。「今後1年は彼らに債務問題がのしかかるだろう」と語った。

アルジャベルは、債権者とは来年合意に達するとみている。ブル ームバーグが集計したデータによれば、同社傘下のアルジャベルLE GTエンジニアリング・アンド・コントラクティング(ALEC)は、 今後4年間に返済期限を迎える債務を少なくとも11億ドル(約920 億円)抱えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE