Chi-Xヨーロッパ、ナスダックかバッツの買収提案を選好-関係者

米証券取引所運営大手4社か ら買収を打診されている欧州の代替取引システム運営会社Chi-X ヨーロッパは、米2位の証券取引所と北欧・バルト海諸国の7つの証 券取引所を運営するナスダックOMXグループか、米3位の株式市場 を運営する米バッツ・グローバル・マーケッツの提案を株主に提出す る方針だ。協議に詳しい複数の関係者の話で分かった。

協議が非公開であることを理由に関係者3人が匿名で語ったと ころでは、Chi-Xはどの提案を推薦するか最終決定を下していな い。同社はこれまでにナスダックとバッツのほか、NYSEユーロネ クスト、ダイレクト・エッジ・ホールディングスから打診を受けてい ると、事情を直接知る関係者2人が先週、明らかにしていた。

Chi-Xは8月に買収について「打診」を受けたと公表。提 案の選択肢を絞ることがプロセスの次の段階となっている。事情に詳 しい関係者によれば、当時Chi-Xに接触したのはバッツだったと い う。

Chi-Xの広報担当者、ジュリア・ストリーツ氏はコメント を控えた。バッツの広報担当、ランディ・ウィリアムズ氏とNYSE のリチャード・アダモニス氏とナスダックのフランク・デマリア氏、 ダイレクト・エッジのラフィ・レギュール氏のいずれもコメントしな かった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE