イラン、政府補助金を段階的に削減-ガソリンや食料品が値上がり

【記者:Ladane Nasseri、Caroline Alexander】

12月19日(ブルームバーグ):イラン政府は19日から、30年間に わたって実施してきたエネルギー製品や食料品などへの政府補助金の 段階的削減に乗り出した。低所得者層には現金給付に切り替える。ア ハマディネジャド大統領が「経済革命」として推進する5カ年計画に基 づく措置。

国際通貨基金(IMF)によると、政府の補助金額は4人家族に つき年間計約4000ドル相当に上り、大多数の国民所得を上回る。同国 中央銀行はエネルギー製品の補助金だけでも、年間400億-1000億ド ルの費用が掛かると見積もっていた。

イラン国営プレスTVの報道によると、消費者はガソリンを月間 60リットルまでは1リットル当たり1000リアル(約8円)で購入で きたが、今後は同50リットルまでが4倍、それ以上の購入では7倍の 価格を支払わなければならない。ディーゼル燃料、灯油、天然ガス、 電気代などのエネルギー関連補助金のほか、小麦、コメ、ミルク、砂 糖、郵便代金、航空運賃、鉄道乗車券などへの補助金も削減対象。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE