英政府は賞与問題で銀行の「脅し」には屈しない-ケーブル民間企業相

ケーブル英民間企業担当相は、英 国よりも税制度が魅力的な国へ移転するとした銀行の「脅し」に政府 が屈することはないと述べ、ボーナス支給を実際に自制するよう呼び 掛けた。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)、 ロイズ・バンキング・グループ、バークレイズ、HSBCホールディ ングスの英大手銀4行の経営幹部は今週、ケーブル民間企業相とオズ ボーン財務相と会談する。ケーブル民間企業相は、ボーナス支給はそ の際の議題の一つになるだろうと述べた。

同相は19日付の英紙サンデー・タイムズとのインタビューで、「わ れわれは脅しには屈しない」と発言。「あらゆる種類の企業が『何かく れなければ別のところへ行く』と言ってくるが、ずっと屈するわけに はいかない」と語った。

同相は英BBCの「アンドルー・マー・ショー」でのインタビュ ーでも、報酬の自制を行わない銀行に対するさらなる課税の可能性な ど、政府は「断固たる行動」を起こすとあらためて警告した。ただ、 課税の具体的な形態など「詳細な説明」は控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE