日本株続落、欧州債務や中国インフレ警戒-新興国関連下げ

東京株式相場は続落。欧州債務問 題を背景にしたユーロ安・円高、中国のインフレに対する警戒感が広が り、機械や非鉄金属など新興国経済と連動性の高い業種が下落。11月 以降の上げが目立った証券株が値下がり率1位となり、売買代金も低調 だった。

日経平均株価の終値は前週末比87円42銭(0.9%)安の1万216 円41銭、TOPIXは4.59ポイント(0.5%)安の898.55。TOPI Xは終値で、5営業日ぶりに900ポイントを割り込んだ。

ビバーチェ・キャピタル・マネジメントの三井郁男シニア・ファン ドマネジャーは「過熱感から日本株はテクニカル調整が必要と投資家が 思っていたところに、中国株が多少値幅を持って下げたことが響いた」 と指摘。中国はいま「引き締めの可能性が高い時期だけに、関連株は景 気リスクを感じやすい」と話していた。

欧州問題や北朝鮮情勢の地政学リスクから上値が重かったところに 中国株の下落が加わり、午後になって値を崩した。今週から、海外投資 家がクリスマス休暇に入ることで売買エネルギーも低下傾向にあり、ま とまった売りを吸収できず、株価は変動しやすくなった。

危機波及リスクでユーロ安警戒

先週末の欧州では、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サ ービスがアイルランドの信用格付けを引き下げたことを背景に、欧州の 債務危機抑制への取り組みが難航するとの懸念が強まった。国際通貨基 金(IMF)は、アイルランドの金融危機がギリシャやポルトガル、ス ペインなどユーロ圏各国に影響が及ぶ重大な波及リスクがある、と指摘 している。

こうした流れを受け、東京時間20日のユーロ・円相場は一時1ユ ーロ=110円10銭台と、7日以来のユーロ安・円高水準まであった。 水戸証券の吉井豊投資情報部長によると、「次々と問題が出ている欧州 債務問題は常にリスク要因として考えておかないといけない。対ユーロ では円安にはなりづらい」という。

また、アジア株も軟調で、特に中国・上海総合指数は一時先週末比

3.1%安の2804.556まであった。カブドットコム証券の山田勉マーケッ トアナリストは、「11月からの中国株の調整はまだ終わっていない。 インフレ抑制による引き締めで実体経済以上に中国株は冷やされる可能 性があり、中国株は好材料に乏しい」との見方を示していた。また、韓 国国防省の当局者が延坪島周辺での射撃訓練を20日行うとし、韓国総 合株価指数も軟調だった。

好パフォーマンス業種に売り

東証1部33業種の下落率上位には、石油・石炭製品、機械、海運、 非鉄金属、鉱業など新興国経済の恩恵を受ける業種が入った。このうち 石油・石炭製品や機械株は、11月以降の東証33指数の上昇率で上位だ った。同期間の上昇率1位だった証券・商品先物取引はきょうの下落率 1位。

東証1部の値上がり、値下がり銘柄数の百分比を示す騰落レシオ (25日平均)は17日時点で145%。9日の歴史的ピークだった163% からは低下傾向にあるものの、なお過熱気味とされる120%以上だ。

東証1部の売買高は概算17億906万株、売買代金は同1兆1713億 円。売買代金は前週末から17%減り、6日以来2週間ぶりの低水準だ った。

佐鳥電が急落、HIS急伸

円高定着を背景とした価格競争の激化などから、2011年5月期の 連結純利益予想を17%引き下げた佐鳥電機が急落。9カ月累計(2月 21日-11月20日)の単独当期損益が27億円の赤字となったジーンズ メイトも大幅安となり、マッコーリー証券が投資判断を引き下げたユニ ーは反落。

半面、高単価の長距離海外旅行の取り込み施策が寄与していると評 価し、野村証券が投資判断を引き上げたエイチ・アイ・エスが急伸。国 内たばこ需要は想定ほど減少しておらず、会社側のガイダンスは上方修 正の可能性があるとし、メリルリンチ日本証券が目標株価を引き上げた JT(日本たばこ産業)は続伸した。中国市場は回復の兆しがあるとし てクレディ・スイス証券が投資判断を新規に「アウトパフォーム」とし たピジョンも続伸。

新興市場は高安まちまち。ジャスダック指数の終値は前週末比

0.02%安の52.36と4営業日ぶり反落。東証マザーズ指数は1%高の

430.10と7連騰。いずれの市場も値上がり銘柄数が値下がりを上回っ た。個別の材料銘柄では、11年9月期連結営業利益を前期比31%増と 計画したアイレップ、日本企業に対する中国主要ECサイト出店支援の コンサルティングサービスで中国企業と業務提携したネットイヤーグル ープがそれぞれ値幅制限いっぱいのストップ高。半面、アズジェント、 第一精工、ドリコムは安い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE