ユンケル議長:欧州安定基金、1月に規模拡大に取り組む必要

ユーロ圏財務相会合(ユーログル ープ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、欧州連合 (EU)として、「1月に危機の全体的な影響への対処を目的に設立さ れた基金の拡大が必要かどうかという問題に取り組まなければならな い」と語った。他の諸国が危機に陥る可能性については、「起きるとは 予想していないが、それを排除することもできない」と付け加えた。

ユンケル議長は18日、ルクセンブルクのラジオ100.7とのインタ ビューで、「継ぎはぎではなく、すきのない解決策をまとめる時期が来 ている」と述べ、「われわれが今行っていることが継ぎはぎの解決策に すぎないと言っているわけではないが、システミックな金融危機に対 応するシステミックな解決策を策定することなく、こうような状態を さらに10年続けることはできない」と訴えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Stephanie Bodoni in Luxembourg at +352-22-9999-5270 or sbodoni@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mike Harrison at +44-20-7073-3564 or mharrison5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE