日本政府:サウジなど7カ国以上と資源獲得へ投資協定、来年中-日経

日本政府がレアアース(希土類) や石油など天然資源の安定調達に向けて投資協定の締結を加速する意 向だと、19日付の日本経済新聞朝刊が報道した。すでに協議中のサウ ジアラビアなど7カ国以上と2011年中に合意する見通しという。情報 源は明示していない。

同報道によると、政府は現在、サウジアラビア、コロンビア、ク ウェート、カザフスタン、パプアニューギニア、アンゴラとの2国間 協定を行っているほか、日中韓の3カ国協定を交渉中。11年中に新た にアルジェリア、カタールと交渉を開始、資源獲得を目指す日本企業 の海外進出を後押しし、欧米や中国に比べて劣勢の資源外交を強化す るという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE