丹羽大使が対中ODA強化を具申、尖閣衝突受け関係改善に有効-産経

在中国の丹羽宇一郎大使が今月上 旬、日本から中国への政府開発援助(ODA)の強化を外務省本省に 意見具申していたことが分かったと19日付の産経新聞朝刊が報道し た。9月の沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で悪化した日中関 係の改善に向け、対中ODA予想の増額が日中間の経済・交流関係を 強化する外交手段として有効だとの見解を示したという。情報源は明 示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE