グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数は今週の下げ幅を縮小した。 米失業保険申請件数の減少を受けて、世界的景気回復をめぐる楽観的 な観測が高まった。中国が不動産市場の規制を強化するとの新華社の 報道を受けて、不動産株は下落した。

フーバーの電機掃除機やリョービの電動工具などの生産を手掛け るテクトロニック・インダストリーズ(創科実業、669 HK)は3.6% 上昇。米ウォルマート・ストアーズなどへの納品で最大手のリー・ア ンド・フォン(利豊、494 HK)や、衣料小売りのエスプリ・ホールデ ィングス(330 HK)も高い。

中国建設省傘下の中国海外発展(688 HK)は1.2%安。子供向け 食品・ベビーケア製品の合生元国際(1112 HK)は上場初日のこの日、

5.1%安で引けた。

OSKセキュリティーズ香港の機関投資家担当セールスディレク ター、アンドルー・サリバン氏は「一部の投資家は年末に向けて利益 を確定しつつある」と指摘。中国当局は「現行措置の変更に動く前に、 その効果を見極めようとするだろう。次の不動産抑制策が税金となる 公算は大きい」との見方を示した。

ハンセン指数は前日比46.07ポイント(0.2%)高の22714.85で 終了。一時0.7%安まで下落した。週間ベースでは1.9%安。ハンセン 中国企業株(H株)指数は同0.3%高の12468.88。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数は3営業日続落となったもの の、週間ベースでは上昇した。インフレを沈静化し、投機的な不動産 需要を抑えるため、政府がさらなる金融引き締めに乗り出すとの懸念 が広がった。

中国最大の不動産会社、万科企業(000002 CH)と国内銀行最大手 の中国工商銀行(601398 CH)が安い。住宅都市農村建設省が、政府は 不動産への投資需要を抑える方針だと表明したことが響いた。政府が 石油・ガス探査に課税しているとの内蒙古日報の報道を受けて、ペト ロチャイナ(中国石油、601857 CH)や中国神華能源(601088CH)など、 エネルギー株も下げた。

一方、有料道路を運営する四川成渝高速公路(601107 CH)は上昇。 政府が中国西部の開発計画を承認したことが手掛かり。

上海証券のストラテジスト、屠駿氏は「12月のインフレ率は市場 予想を上回る可能性があり、政府は利上げを余儀なくされるだろう」 と予想。「株式相場は下向き圧力に伴い、乱高下の展開が続くだろう」 との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比4.4ポイント(0.2%)安の2893.74 で終了。この日の下落で、今週の上昇率は1.9%に縮小した。週間ベ ースでの上昇は6週間ぶり。上海、深セン両証取のA株に連動してい るCSI300指数は同0.2%安の3225.66。

【インド株式市況】

17日のインド株式市場は、イスラム教新年の祝日のため休場。取 引は20日に再開される。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比20.9ポイント(0.4%)安の4763.1。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比17.06ポイント(0.9%)高の2026.30。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比35.70ポイント(0.4%)高の8817.90。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比5.34ポイント(0.2%)高の3153.01。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比2.36ポイント (0.2%)高の1499.88。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比7.14ポイント(0.7%)安の1022.46。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比9.83ポイント(0.3%)高の

3581.56。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比17.93ポイント(0.4%)高の4057.33。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE