12月の独Ifo景況感指数:109.9に上昇、予想外-過去最高

ドイツのIfo経済研究所がまと めた12月の独企業景況感指数は市場予想に反して上昇し、過去最高を 記録した。力強い内需が景気回復への追い風となった。

17日発表された12月の独Ifo企業景況感指数は109.9と、前 月の109.3から上昇。これは東西ドイツ再統一後の1991年に統計が始 まって以来の最高。ブルームバーグがまとめたエコノミスト36人の予 想中央値では109.0への低下が見込まれていた。

ABNアムロのエコノミスト、アリン・スハウリング氏(アムス テルダム在勤)は「ドイツ経済は極めて良好で、引き続きユーロ圏全 体をしのぐだろう」と述べ、「内需が勢いを増しつつある。雇用市場の 回復がプラスに働いている。ただ、海外売り上げは若干鈍化した」と 続けた。

12月のIfo期待指数は106.9と、前月の106.3から上昇。現状 指数は112.9(前月は112.3)と、2007年4月以来の高水準を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE