仙谷氏:リスク回避の国債購入、「成長の問題から見ると好ましくない」

仙谷由人官房長官は17日午後の 記者会見で、銀行などがリスクのある投資を回避して国債を主として 購入する傾向になっているのは経済成長を進める観点からは「好まし くない事態」との認識を示した。

菅直人首相の指導力に関する質問に答えた。仙谷氏は公務員制度 や農政、安全保障などの改革がなかなか進んでこなかった状況を挙げ、 「変えることについては抵抗があるのが今の実態だ」と強調。その上 で、「例えば株式市場、金融マーケットを見てもどうもそういうふう な気がする」と切り出した。

仙谷氏は「なぜ日本人は株式投資をこんなにしないのか。個人が 国債を買ったり売ったりするのも非常に少なくてなぜ銀行に預けるの か、郵便局に預けるのか」と指摘。「銀行、郵便局は以前であればリ スクを取った投資をしていたけれど、今やあまりリスクも取れないか ら、国債を主として買うというふうなね、ある意味で成長の問題から すると好ましくない事態が起こっている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE