EUの次回銀行ストレステスト、透明性向上が必要-英中銀が指摘

欧州連合(EU)が予定してい る次回の銀行ストレステスト(健全性審査)は、銀行業界のリスクに 対する抵抗力を示す上で透明性の向上が必要だと、イングランド銀行 (英中央銀行)が指摘した。

英中銀は17日公表した金融安定報告書で、銀行に対するリスク はシステム全体に影響を及ぼし、「国ごとの解決策よりも包括的な対 応策」の必要性を示していると記した。

EUが7月に実施した銀行ストレステストでは、対象となった 91行中84行が合格したが、アナリストや投資家から厳格さに欠ける として批判を受けていた。その4カ月後には、全行が合格とされたア イルランドの銀行から預金が流出し、欧州の各国政府と国際通貨基金 (IMF)はアイルランド向け救済策の立案を強いられた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE