ドイツ:EFSF債に「強い」需要を見込む-政府系機関のタウベ氏

ドイツ連邦政府の資金調達や資金 管理を担当する政府系機関を率いるカールハインツ・ダウベ氏は、欧 州金融安定ファシリティー(EFSF)が発行する債券への需要が「十 分強いものになる」との見方を示した。欧州の救済基金を支えるユー ロ圏諸国に対する投資家の信認を反映するという。

同氏は16日のインタビューで、同氏統括の機関が、ユーロ圏諸 国が保証する初のEFSF債発行の準備を進めていると述べ、同債が 魅力的だとの投資家からの反応を得ていると説明した。

ダウベ氏は、「投資家との話し合いはEFSFが高い信頼を得てい ることを示している。市場でのEFSF債受注は満足できるほど大き なものになると見込まれる」と語った。EFSF債の正確な発行日は 未定だが、銀行シンジケート団を通じた発行となる予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE