中国不動産ブーム、勢いづくも「地獄への道筋」変わらず-チャノス氏

中国の不動産市場は早ければ2010 年に急落すると予想していたヘッジファンド運用者のジム・チャノス 氏は、不動産ブームが引き続き「衰えず」、それどころか政府の投機抑 制策が実施されても勢いづいているとの見方を示した。

中国主要70都市の住宅価格は11月に前年同月比7.7%上昇。政 府による3軒目の住宅購入向け融資の停止措置や不動産税の導入方針 をよそに販売面積は同14.5%伸びた。

キニコス・アソシエーツの創業者であるチャノス氏はブルームバ ーグテレビジョンの番組「ストリート・スマート」のインタビューに 応じ、「ブームは引き続き衰えていない。実際のところ最近は年末に向 けて少し勢いづいている」と指摘した。

同氏はその上で、投機家が中国の不動産市場を独占しており、集 合住宅では依然として数百万の空室があるため、経済成長の頼みの綱 が不動産開発である中国は「地獄への道筋」にあるとの見解を繰り返 した。同氏は中国の不動産バブルは「ドバイの1000倍」だと指摘し た。

米エネルギー会社エンロンの2001年の破たんを真っ先に予想し た投資家の1人でもある同氏はまた、中国の一部の不動産開発業者が 借入比率を高めており、海外投資家からより多くの資金を得ているた め、「空売りする投資家の観点からは極めて興味深い」と語った。

--Bonnie Cao. Editors: Andreea Papuc, Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net  Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先 Bonnie Cao in Shanghai at +86-21-6104-3035 or bcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andreea Papuc at +852-2977-6641 or apapuc1@bloomberg.net

%CNY

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE