北朝鮮と韓国の海上境界線は「国際法違反」-キッシンジャー氏ら指摘

米軍司令官が設定し、その57 年後に北朝鮮と韓国の主戦場になった海上の境界線について、米当局 者らがこの30年余りにわたって、法的に防衛不可能だとの見解を示 していたことが分かった。

1975年にキッシンジャー米国務長官(当時)は機密電信で、一方 的に引かれた北方限界線(NLL)が「明らかに国際法に違反してい る」との見解を示していた。また、その2年前、米国の駐韓大使は別 の電信で、この境界線沿いの紛争地域で衝突が起きた場合、多くの国 が韓国と米国を「誤っている」と見なすだろうと指摘した。

政策研究大学院大学の道下徳成准教授によれば、NLLは北朝鮮 との不安定な休戦状態を韓国が破るのを防ぐため、マーク・クラーク 国連軍司令官らが1953年に設定した。米国のブッシュ前政権下で国 家安全保障会議(NSC)アジア上級部長を務めたマイケル・グリー ン氏は、北朝鮮を封じ込めるため米国はNLLを支持する必要がある と話す。

現在は米戦略国際問題研究所(CSIS)日本部長であるグリー ン氏は、境界線を現行よりも北朝鮮沿岸から離れた場所に移せば、同 国の金正日政権が「軍装備品や麻薬を密輸出し、核計画に必要な物資 を密輸入」しやすくなると指摘。「それによって何ら良い結果を得る ことはない」と述べた。

米国が率いる国連軍の報道官、ジョナサン・ウィシントン大佐 (ソウル在勤)も、NLLに関する再交渉をすべきではないと説明。 電子メールで「武力紛争を防ぐために設けられた軍事管理措置だ」と の認識を明らかにした。

キッシンジャー氏は1975年2月の機密電信で、NLLは「一方 的に設定されたもので、北朝鮮が受け入れていない」とし、「海域を 一方的に分けることを意味する限りにおいて、これは明らかに国際法 違反だ」との見解を明らかにした。同元長官の事務所は、電子メール や電話による取材に対して回答していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE