独コメルツ銀、国内株式引き受け番付で首位-ドレスナー銀買収が寄与

ドイツの銀行2位、コメルツ銀行 は今年、同国国内の株式引き受けランキングで首位に浮上した。ドレ スナー銀行買収で中小企業との関係が強化されたことが寄与した。

ブルームバーグのデータによると、コメルツ銀が手掛けた案件は 新規株式公開(IPO)や株主割当増資を含めて13件、総額18億 ユーロ(約2000億円)相当となり、案件数でドイツ銀行を上回りト ップとなった。

コメルツ銀は昨年、赤字のドレスナー銀行をドイツの保険大手ア リアンツから51億ユーロで買収。リテール(小口金融)の顧客を獲 得し、中小企業向け事業を拡大した。買収に伴い、コメルツ銀の市場 シェアはほぼ2倍の8.7%と、少なくとも1999年以来最高となった。

エクイネットのアナリスト、フィリップ・へシュラー氏は「法人 金融と投資銀行事業を結びつけるコメルツ銀の戦略はうまくいってい る」とし、「同行はドレスナー銀買収に伴い、ドイツの中小企業向け 市場で主導的地位となり、株式事業での市場の地位も向上したことで 追い風を受けている」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE