ドコモ株は午後プラス転換、発行済株式総数比0.38%の自社株買いへ

携帯電話大手のNTTドコモ株が 午後の取引で一時、前日比0.9%高の14万1800円とプラス転換した。 同社はきょう午前11時に、発行済株式総数の0.38%を上限に自社株 買いを行うと発表、需給改善や株主還元姿勢を好感する買いが入った。

ドコモが17日の午前の取引終了後に発表したリリースによると、 同社は16万株、金額にして200億円を上限とする自社株買いを実施す る。取得期間は12月20日から2011年1月28日まで。午前の取引は、 前日比0.8%安の13万9500円で終えていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE