ガス会社、先物ヘッジ比率30%に減らす-価格安と掘削・生産減観測

天然ガス価格が下落するなか生 産会社は来年生産分の先物ヘッジ比率を減らしており、掘削と生産が減 少するとの観測が高まっている。

カナコード・ジェニュイティ、RBCキャピタル・マーケッツ、レ イモンド・ジェームズのアナリストによると、来年のガス先物ヘッジ比 率は約30%で、今年の約50%から低下している。ニューヨーク商業取 引所(NYMEX)のガス価格は今年、27%下落しており、16日は 100万BTU(英国熱量単位)当たり4.048ドルで引けた。これはこ の時期の価格としては過去9年で最低水準。

アーカンソー州ファイエットビルにあるシェール(頁岩層)で生産 を手掛ける最大手サウスウエスタン・エナジーは、来年生産分の先物・ スワップの売却を今年より減らした。ヘッジ比率低下は、投機家が来年 のガス生産は増加しないとみており、ガス会社が価格変動に左右されや すい状態が続くことを意味する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE