英FSA、ボーナス規定対象者絞り込みで銀行側と交渉-EU規制受け

【記者:Ben Moshinsky】

12月17日(ブルームバーグ):英金融サービス機構(FSA)は、 欧州連合(EU)のボーナス規制の対象となる銀行員を絞り込むため、 銀行側と交渉を進めている。

法律事務所アレン・アンド・オブリーのスティーブン・マーティ ン弁護士(ロンドン在勤)は電話インタビューで、「規制対象となる銀 行員リストに誰を載せるかについて、FSAはすでに銀行と交渉して いる」と指摘。「聞いたところでは、1行当たりの人数は最も多いケー スで150人だ」と述べた。

EU当局は今月、銀行員ボーナスの現金支給や規模を制限し、過 度のリスクテークへのインセンティブを抑制する法律を承認。新たな 規則では、即時現金での支給をボーナス全体の約25%に制限し、残り は少なくとも3年間の繰り延べまたは株式での保有が義務付けられる。

FSAは、EU規制を採用したボーナス規定を17日にも発表する。 各金融機関は来年1月1日までに新規定への対応を求められる。

法律事務所サイモンズ・アンド・サイモンズの金融規制担当パー トナー、ダレン・フォックス氏によると、FSAは規則対象者につい て銀行が判断する余地を減らそうとしている。同氏はインタビューで、 最終的な規定はこれまでに比べ、誰が規制の対象になるかの基準がか なりはっきりする内容になると話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE