ホンダ:中国で今・来年とも10%超の拡大へ-四輪車販売

自動車メーカー国内2位のホンダ は、中国の四輪車販売で今年、来年とも前年比10%超の拡大を目指し ている。

ホンダ中国本部長の倉石誠司取締役は17日、都内で会見し、今年 が前年比12%増の65万台、来年は73万台を目指していることを明ら かにした。今年の当初の販売計画は63万2000台。

また、倉石氏は中国では輸入関税の問題から、ハイブリッド車を 現地生産する必要があると指摘し、2012年にハイブリッド車を中国市 場へ投入した後、早期に現地生産化に取り組む考えを示した。ハイブ リッド車の現地生産には月2000台程度の販売量が必要とし、電池やモ ーターなど主要部品の現地調達を進めていくことになると語った。ま た、技術流出の観点から、ハイブリッドの主要部品は100%子会社に つくらせたいと述べた。

中国の現地合弁で独自ブランドの低価格車「理念」について、倉 石氏は11年半ばに投入することを明らかにした。一方、中国政府から は来年、小型車向けの支援措置がなくなると正式通知があったという。

さらに、ホンダは中国の二輪車販売について、今年128万台を見 込み、来年131万台を計画している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE