グリー株反落、ARPU低下による業績未達懸念-格下げも

モバイルインターネット大手、グ リー株が一時前日比2.6%安の1068円と3日ぶりに反落。内製タイト ルのソーシャル性の低さから会員1人当たりの売上高を示すARPU が今後伸び悩むとの懸念が出て、業績の先行き不透明感が高まった。 シティグループ証券では、2011年6月期の会社側営業利益計画の未達 を予想し、投資判断を引き下げた。

シティ証の福田聡一郎アナリストは16日付リポートで、同社の内 製タイトルはソーシャル性の相対的な低さから強力なコミュニティが 組成されておらず、プレーヤーのタイトル回遊傾向が強いと指摘。さ らに、使用される仮想通貨が内製タイトルと他社製タイトルで異なる ことも、ARPU低下を抑制するメカニズムになっていないと見る。

このため、福田氏はARPUの伸び悩みを予想し、11年6月期の 単体営業利益予想について会社側の270億円-300億円に対し、前期 比40%増の273億円と試算した。ブルームバーグ・データによるアナ リスト平均は302億円。同証では、投資判断を「買い」から「中立」 に引き下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE