モルガンS元幹部の商品ヘッジファンド:資産3倍に、リターン19%

米モルガン・スタンレーで13 年間勤務していたスティーブン・ジャミソン氏が運営する商品ヘッジフ ァンド会社の運用資産総額が、2009年の創業以降3倍に拡大し、今年 のリターン(投資収益率)は平均を上回っている。

ブルームバーグ・ニュースが入手した投資家向けリポートによる と、ジャミソン・キャピタル・パートナーズ(ニューヨーク)の1日時 点の運用資産総額は4億9000万ドル(約410億円)。創業2カ月後の 09年6月時点では約1億5000万ドルだった。同社が運用するコッペン バーグ・マクロ・コモディティー・ファンドの11月のリターンは1.4 %、今年のリターンは18.5%となっている。

ファンド78本で構成するニューエッジ商品取引指数によると、商 品ヘッジファンドのリターンの平均は11月が0.7%、1-11月は

6.2%だった。シンガポールの調査会社ユーリカヘッジによれば、北米 を拠点とする運用会社には10カ月連続で純資産が流入し、この間の流 入額は562億ドルに達した。

リポートは「原油の需給面の見通しは、引き続き特に米国で改善し ている。米国では輸入の減少などにより11月に在庫が計2100万バレ ル減った」と指摘した。次の四半期も商品などリスク資産の上昇が続く と予想している。

モルガン・スタンレーのマネジングディレクターだったジャミソン 氏は08年に退社した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE