米当局:インサイダー取引捜査拡大-ハイテク企業関係者逮捕

(4段落目以降に連邦地検の発表などを追加して更新します)

【記者:Patricia Hurtado、Bob Van Voris】

12月16日(ブルームバーグ):インサイダー取引の捜査を進めてい る米連邦当局は、米半導体メーカーのアドバンスト・マイクロ・デバ イシズ(AMD)を含むハイテク企業に勤務していた3人と、いわゆ る「専門家ネットワーク」関係者1人を逮捕した。当局は、捜査の対 象を企業にも拡大している。

検察当局の16日の発表によると、4人とは別に逮捕されたパソコ ン(PC)メーカー、米デルの元サプライマネジャー、ダニエル・デ ボア容疑者は10日にニューヨークの米連邦地裁で、今回の捜査に関連 して証券詐欺と通信の不正行為に関する罪を認めた。同容疑者は捜査 に協力しているという。

ニューヨーク連邦地検のプリート・バララ検事正や米連邦捜査局 (FBI)、米証券取引委員会(SEC)はヘッジファンドの不正取引 に対する捜査を全国規模で展開している。デボア容疑者と逮捕された 4人のうち3人は、投資家に専門家を紹介するコンサルティング会社 プライマリー・グローバル・リサーチの顧客に、勤務する会社の内部 情報を提供した疑いが持たれている。逮捕されたもう1人のジェーム ズ・フレイシュマン容疑者はプライマリー・グローバルの社員。

バララ検事正は発表資料で「世界の主要なハイテク企業の一部で、 腐敗した内部関係者のネットワークが勤務先の貴重な内部情報を盗ん で売却して勤務先を裏切るというコンサルタントを務めていた」と指 摘した。

16日に公表された訴追請求状によると、米捜査当局は専門家ネッ トワーク企業1社とヘッジファンド会社1社の電話のほか、この日逮 捕されたマーク・アンソニー・ロンゴリア容疑者とウォルター・シム ーン容疑者の携帯電話について、同意に基づく盗聴を行った。

ロンゴリア容疑者はAMD、シムーン容疑者はシンガポールのフ レクトロニクス・インターナショナル、マノシャ・カルナティラカ容 疑者は台湾積体電路製造(TSMC)に勤務していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE