NY金:続落、利益確定売りで2週間ぶり安値-終値1371ドル

ニューヨーク金先物相場は続落。 2週間ぶりの安値をつけた。今年は最高値更新を続けたため、投資家 が利益確定に動いた。

金は年初から25%上昇。年間ベースで10年連続高に向かってい る。金現物に裏打ちされた上場投資信託(ETF)への投資が過去最 高に上ったことが背景にある。7日には1オンス=1432.50ドルと 最高値を更新した。欧米で債務の膨張を背景に、価値保存手段として も金が買われた。

リンド・ウォルドック(シカゴ)の市場担当シニアストラテジス ト、アダム・クロフェンシュタイン氏は「金は守りに入っている。今 年は価格が大幅に上昇したため、多くの投資家が利益確定に動くだろ う」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前日比15.20ドル(1.1%)安の1371ドルで終了し た。一時は1361.60ドルと、中心限月としては11月29日以来の 安値をつけた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE