トルコ中銀:0.5ポイント利下げ、資本流入の抑制狙う

トルコの中央銀行は16日、 政策金利を6.50%に引き下げた。金利変更は2009年以降で初め て。同国ではインフレが鈍化しているほか、同中銀は資本流入の抑制 を模索している。

電子メールの発表によると、政策金利は0.5ポイント引き下げ られ、過去最低水準となった。今回の決定は、ブルームバーグが今週 実施したエコノミスト調査の9人中7人の予想と一致した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE