中国:融資枠廃止し政策金利の活用を、インフレ抑制で-フィッチ

中国は与信とインフレを管理する ために政策金利の活用を増やし融資枠は廃止すべきだと、格付け会社 フィッチ・レーティングスの北京在勤ディレクター、朱夏蓮氏が指摘 した。

フィッチで中国の金融機関の格付け責任者を務める朱氏は13日 のインタビューで、大手銀行は融資を自行のバランスシートからより 規制の緩い中小金融機関や信託会社に移しており、融資枠は効果的で ないとの見方を示した。

世界的な金融危機を乗り切るために、温家宝首相が記録的な銀行 融資を容認したことから、中国は2年ぶり高水準のインフレ率に直面 している。政策金利ではなく融資目標を通じたマネーサプライ(通貨 供給量)のコントロールは、出口戦略に向けた取り組みを複雑にし、 金融システムのリスクを高めると、朱氏はみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE