今年度スマートフォン国内出荷を5割上方修正、675万台に-MM総研

調査会社MM総研は16日、2010年 度の多機能携帯電話(スマートフォン)の国内出荷台数予想を、8月末 の前回調査時から53%上方修正し、675万台とすると発表した。米グー グルの基本ソフト「アンドロイド」搭載端末の売れ行きが予想外に伸び ているためなどとしている。

この結果、今年度の販売台数は前年比では2.9倍に増え、全携帯の 18%を占める見通し。同総研はさらに、12年度にはスマートフォンの出 荷台数が携帯全体の半数を超え、15年度の出荷台数が全携帯の63%に 当たる2410万台に拡大すると予想。15年度末にはスマートフォン契約 数が、既存の携帯を超えると見ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE