住友不:臨海副都心で大型開発、住宅や商業施設を建設へ-日経

東京都と都市再生機構が臨海副都心 の東京・有明に所有する土地を住友不動産に売却する方針を固めたと日 本経済新聞(電子版)が16日報じた。敷地面積は約11万平方メートル で、売却額は約410億円。住友不は1500-2000戸規模の大型分譲マンシ ョンやオフィスビル、大型商業施設などを建設し、2015年中に一部開業 する見通しだという。情報源は明示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE