中国株(終了):下落、引き締め懸念で-銀行と金属株が安い

中国株式相場は下落。上海総合指 数が続落した。融資抑制などを通じてインフレ沈静化を狙う政府の取 り組みで利益が損なわれるとの懸念から、銀行と金属株を中心に下落 した。

中国建設銀行(601939 CH)や中国銀行(601988 CH)など銀行株 が安い。中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の上海支部が固定資産 を購入する企業向け融資を年末まで停止するよう命じたとの東方早報 の報道が響いた。金属価格の下落に伴い、中国最大の銅生産会社、 江西銅業(600362 CH)は2.5%の値下がり。

貴州茅台酒(600519 CH)を中心に酒造株は上昇。同社が20%値 上げを発表したことが手掛かりとなった。同業の宜賓五糧液(000858 CH)も高い。

博時基金管理のファンドマネジャー、ワン・ティンシャン氏は「金 融政策の一段の変更は来年の新規融資目標次第であるため、不透明感 がある」と指摘。「インフレ圧力は極めて高い水準を維持する見込み で、来年に追加利上げが行われる公算が一段と大きくなっている」と 付け加えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比13.28ポイント(0.5%)安の2898.14 で終了。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は 同0.5%安の3230.67。

-- Irene Shen. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE