鹿島:工事事務所長がミス報告せず-建設した大阪の商業ビル

鹿島が、大阪で建設した商業ビルの 建設をめぐり、現場の工事事務所長が建設ミスを設計会社に報告してい なかったことが16日、分かった。 鹿島広報室の横手誠一郎氏が同日、 ブルームバーグ・ニュースの電話取材で確認した。横手氏は、同社とし て今月、このビルを調べたが安全性に問題はないと語った。

NHKは16日、鹿島が大阪・北区に商業ビルを建設した際、骨組み となる鉄骨1本が傾くミスが起きたことを知りながら隠ぺいし、所有者 に引き渡していたと報道。NHKは鹿島の話を基に、工事事務所長を務 めた鹿島の社員が、ミスを知りながら会社に報告せず、設計会社に提出 する建築確認の申請書類にも「鉄骨はまっすぐに立っている」とする虚 偽の記載をしたと伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE