ゴールドマン相手取った投資家訴訟、米地裁が退ける-マドフ事件関連

巨額詐欺事件で服役中のバーナー ド・マドフ受刑囚によるポンジ・スキーム(ねずみ講)で老後の貯蓄 1500万ドル(約12億6000万円)余りを失った投資家が、重大な過失 や受託者義務違反があったとして米ゴールドマン・サックス・グルー プを相手取って起こしていた訴訟で、ニュージャージー州連邦地裁の フリーダ・ウルフソン判事は14日、訴えを退けた。

訴えを起こしたのは、ゴールドマンが買収した企業を通じてマド フ受刑囚のファンドに投資していたジェローム・グッドマン氏(69)。 ゴールドマンには妥当な財務アドバイスを提供する責任があったとし、 同スキームへの過剰な投資に警告を発する義務を怠ったと主張してい た。

ウルフソン判事は「重大な過失に関する提訴には、意図的な不正 に近い無謀な行為が行われたとの主張が必要になる」と指摘。グッド マン氏は「そうした主張を一切しなかった」と結論付けた。

ゴールドマンの広報担当デービッド・ウェルズ氏はコメントを控 えた。

-- Editors: Andrew Dunn, Charles Carter.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: David Voreacos in Newark, New Jersey, at +1-973-286-0016 or dvoreacos@bloomberg.net; David Glovin in New York at +1-212-617-4455 or dglovin@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David E. Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE