米GM:財務省保有の優先株、買い戻し完了-公的資金21億ドル返済

米自動車メーカー、ゼネラル・モ ーターズ(GM)は、政府の救済を受けた際に発行した優先株の買い 戻しを完了し、約21億ドル(約1770億円)を納税者に返済した。

米財務省は15日、今回の取引によりGMに投入した公的資金のう ち、累計230億ドル余りを回収したと発表。GMには495億ドルを注 入していた。

マサード次官補代理(金融安定担当)は声明で、GMの救済は「米 自動車業界の崩壊を防ぎ、100万人強の米雇用を守る上で不可欠だっ た」とコメントした。

財務省は10月、問題資産購入計画(TARP)に基づいて発行さ れたGMの優先株について、同社の買い戻し案を承認。同省の発表に よると、GMは15日に手続きを完了し、同省が保有していた優先株(シ リーズA)8389万8305株を1株当たり25.50ドルで買い戻した。現 在、同省はGMの普通株5億6万5254株を保有している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE