ECB国債保有は資本を既に上回る、損失計上の恐れ-ジェフリーズ

【記者:Gabi Thesing】

12月15日(ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)は緊急措 置として買い取った国債の保有額が資本金の水準を上回り、今年損失 を計上する恐れがある。ジェフリーズ・インターナショナルのエコノ ミストが指摘した。

同社の欧州担当チーフエコノミスト、デービッド・オーエン氏 (ロンドン在勤)は15日付のリポートで、今年購入された国債の大 半はユーロ圏各国中央銀行のバランスシートに帰属するとみられるも のの、ECBの保有額が年末までに資本金を上回る可能性があること が簡単な計算によって示されると説明した。

ECBはギリシャを襲ったソブリン債危機が他のユーロ圏諸国に 波及するのを防ぐため、5月に国債購入を開始した。オーエン氏は、 ECBのバランスシート上の国債保有が12月16日時点で約50億ユ ーロ(約5570億円)相当に上ると試算しており、これは2009年末時 点のECBの資本金41億ユーロを既に上回っている。

事情に詳しいユーロ圏中銀当局者によれば、ECBはポルトガル やアイルランドなど高債務国の国債購入で生じる損失に備えて資本金 の増額をユーロ圏各国に要請することを検討しているもようだ。オー エン氏は、自己防衛のために「ECBが資本金を積み増しても少しも 驚かない」としている。

ECBはこれまでに720億ユーロ相当の国債を購入し、先週にな って買い取りペースを加速させた。ECBは08年に13億ユーロ、09 年は23億ユーロの利益を計上している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE