日本株は小幅高、輸出一角や銀行株に買い-米金利見極めも

日本株相場は小幅高。4連騰のT OPIXは一時、昨年大納会の終値を上回り、年初来パフォーマンスが プラスになる場面もあった。米国の長期金利上昇を受けドル・円相場が 円安傾向となっており、過度の収益懸念の後退で輸送用機器や化学など 輸出関連株の一角が上昇。銀行株も買われた。

ただ、テクニカル指標から見た高値警戒感が漂うなか、あすの米株 式相場や金利動向を見極めたいとして、明確な方向性は見出しにくかっ た。TOPIXの終値は前日比1.42ポイント(0.2%)高の903.84、 日経平均株価は1円51銭(0.01%)高の1万311円29銭。

ばんせい投信投資顧問の廣重勝彦調査部長は、「相場には売る材料 がない。米長期金利の上昇を背景に円安基調となっており、下げ要因の 1つだった円高が遠のいている」と指摘。ただ、騰落レシオなどのテク ニカル指標から「相場は過熱、海外市場の動きは鈍くなっており、上値 は重くなりやすい」と話していた。

日本株は小幅に下落して始まった後、前日終値を挟んでもみ合う場 面が多かったが、結局上昇して終了した。相場の目先過熱感がぬぐえな い中でも、底堅さを見せた。TOPIXは一時907.80まで上昇、昨年 12月30日終値の907.59を上回り、東証1部の値上がり銘柄数は805 と、値下がりの690を上回った。米財政悪化懸念と円安という好悪材料 に振らされる中、最後は円安を好材料としプラス圏に浮上した。

東京時間16日のドル・円相場は1ドル=84円台前半で推移。前日 のニューヨーク時間は同84円51銭まで円が売られ、9月24日以来の 円安水準となった。15日の東京株式市場の通常取引終了時点は同83円 89銭。米債券利回りの上昇による日米金利差の拡大から、ドル買いが 優勢になっている。

米長期金利は3.5%台、性質見極めも

15日の米国債10年利回りは一時3.56%まで上昇し、5月13日以 来(3.6%)、7カ月ぶりの高水準に達した。10月には2%台前半で推 移していた。日米10年債利回り格差は2.28%と、5月4日(2.31%) 以来の大きさ。円安傾向を受け、TOPIXの上昇寄与度上位には輸送 用機器や化学が入り、東証1部の売買代金上位ではキヤノン、ホンダ、 東芝、日立製作所などが高い。

このほかの上昇業種は銀行、陸運、不動産など。銀行では、優先出 資証券の公開買い付けを受け利益を計上する新生銀行が上げ、三井住友 フィナンシャルグループなど3大金融グループも高い。

ただ、前日の米国株は終盤に下落。金利上昇に伴い、企業の借り入 れコストの高まりが警戒された。市場では、米金利上昇について「悪い 金利上昇」か「良い金利上昇」なのかを見極める必要があるとの声が多 い。中央証券の大越秀行株式部長は、「米金利上昇のピッチが早い。景 気回復に歩調を合わせた上昇であれば、『良い金利上昇』となるが、そ うでないかもという警戒感がある」と話していた。

また、東証1部の値上がり、値下がり銘柄数の割合を示す騰落レシ オ(25日平均)は15日時点で153%と、経験則的に投資家が売りを意 識しやすい120%を依然として大きく超えている。過熱感も根強い中、 下落業種はゴム製品、卸売、その他製品、証券・商品先物取引、電気・ ガスなど。ゴム製品株には、モルガンスタンレーMUFG証券がブリヂ ストンや住友ゴム工業の投資判断を引き下げる材料があった。

個別では、韓国サムスン電子と提携し、同社のスマートフォン(多 機能携帯端末)にソーシャルゲームプラットフォーム「モバゲー」を提 供することになったディー・エヌ・エーや、ドン・キホーテなどを割当 先に第三者割当増資を実施するフィデックが大幅高。ゴールドマン・サ ックス証券が、株式市場は収益性や資産の質の改善などを織り込んでい ないとし、新規に投資判断「買い」を付けたあおぞら銀行も高い。

半面、半導体市場の在庫調整などで、2011年1月期の連結営業損 益が一転6億5000万円の赤字となる見込みの三井ハイテックが急落。 光学ガラスが原料高の影響を受けるため、11年10月期の連結営業利益 は前期比18%減と見込んだオハラも安い。

新興市場は上昇

新興市場は上昇。ジャスダック指数は前日比0.2%高の51.77と7 月9日以来の高値、東証マザーズ指数は同0.4%高の423.90と6月14 日以来の高値を更新。個別では、11月の売上高が前年同月比24%増と なったファンコミュニケーションズが4日続伸。GREE向けソーシャ ルアプリが好調に推移し7-12月の業績予想を上方修正したボルテー ジが3日ぶり大幅反発。半面、受注件数の減少などから10年12月期の 連結業績予想を下方修正したチップワンストップは5日ぶり反落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE