NY銅:7.65セント安の4.1325ドルで終了-欧州債務危機への懸念再燃

ニューヨーク銅相場は3週間ぶりの 大幅下落。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが、 スペインの格付けを引き下げ方向で見直すと発表したことから、欧州の 債務危機が悪化し、世界経済の回復を妨げるとの懸念が再燃した。

銅先物2011年3月限は、前日比7.65セント(1.8%)安の1ポンド =4.1325ドル。中心限月としては11月22日以来最大の下げ。前日 は4.229ドルと、2008年5月以来の高値を付けていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE