米鉱工業生産:11月は上昇、コンピューターがけん引

11月の米鉱工業生産は、市場 予想を上回る増加となった。コンピューターや家電製品が伸びた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が15日に発表した11月の鉱 工業生産指数(製造業、鉱業、公益事業の生産を対象、季節調整値、 2002年=100)は前月比0.4%上昇となった。ブルームバーグがま とめたエコノミストの予想中央値は0.3%上昇だった。前月は0.2% 低下(速報は横ばい)に下方修正された。

11月の設備稼働率は75.2%と、2008年10月以来の高水準。 製造業生産指数は2カ月連続で0.3%上昇した。

バークレイズ・キャピタルのエコノミスト、ピーター・ニューラ ンド氏は顧客リポートで、「製造業の回復は堅調なペースで続いてい る」と指摘した。

コンピューターや通信機器、半導体といった事務機器は0.9%上 昇。家電製品も0.9%上昇した。

公益事業部門の生産は1.9%上昇と、6月以来の大幅な伸び。石 油掘削を含む鉱業は0.1%低下した。

自動車・同部品は6%低下と、8月以来のマイナスとなった。

リックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE