EU大統領:今週の首脳会議で条約の「限定的」修正に合意する必要

欧州連合(EU)のファンロ ンパイ大統領は、加盟各国は恒久的な危機対応メカニズム整備につ いての2013年という期限を守るために、16、17両日開催の首脳 会議でEU条約の「限定的な」修正に合意する必要があるとの考え を明らかにした。

ファンロンパイ大統領は15日に電子メールで公表された首脳 会議招集の書簡で、「2013年1月1日の発効に向けEUと各国政 府の両方のレベルで手続きをできる限り早急に開始するために、こ の首脳会議で草案段階の合意に達することが必要だ」と説いた。

メカニズムの目的は「ユーロ圏全体の金融安定を守ることだ」 と説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Neuger at +32-2-285-4301 or jneuger@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE